出力・印刷 いいなプランニング:トップ > ご利用ガイド > テクニカルガイド

テクニカルガイド

いつも「いいな・プランニング」をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
ご案内しております出荷予定は完全データ入稿の場合となり、データの不備があった場合は納期の遅延につながります。
お客様の少しでもはやくお届けできますよう、データ制作上のポイントをご案内いたします。

各ソフトの詳細をご覧いただく前に基礎知識のご確認をお願いいたします。

基礎知識(全ソフト共通)

オフセット印刷やインクジェット出力の際の一般的な基礎知識とお願いをご案内しております。

カラーモード(RGBカラーとCMYKカラー)の違い

RGBとCMYKの違い

RGBとCMYKとでは、それぞれ限られた色の範囲(色域)があり、表現できる色の範囲が異なります。
CMYKはRGBに比べ色域が狭くなってしまいます。

RGB

RGBとはRed(赤)・Green(緑)・Blue(青)の合成による発色方式です。
パソコンなどのモニターやデジタルカメラの色表現に用いられます。

CMYK

CMYKはCyan(シアン)・Magenta(マゼンタ)・Yellow(イエロー)・BlacK(ブラック)の合成による発色方式です。
絵の具やプリンタなどの色表現に用いられます。

基本的にデータ・画像の色は、一色刷りの場合は「グレースケール」、その他は「CMYK」で作成して下さい。
CMYKカラー以外でご入稿いただきました場合、
インクジェット出力の場合は、データ通りRGBにて出力。オフセット印刷の場合は、弊社にてCMYKに変換し印刷致します。
その際に画面で確認されている色目とは大きく異なる場合がありますので、予めご了承ください。
また色にシビアな製作物は色校正をおすすめ致します。

仕上りサイズ(トンボ)とヌリタシについて

印刷・出力商品は、ご注文のサイズよりも大きな用紙に印刷し、ご注文サイズに断裁しお客様にお届けしております。
そのため、すべてのご注文商品において断裁作業が必ず必要になってくるため、断裁位置ギリギリのサイズでデータ制作をされますと、
仕上がった状態でふちに白い部分が出てきてしまいます。
(意図しない余白が出来てしまう形となりますが、原則、ご入稿データ通りでの進行となりますのでご注意下さい。)
こうした仕上がりにならないようにするためには、断裁位置を決定するトンボ(トリムマーク)とヌリタシの設定が必要となります。

トンボ(トリムマーク)とヌリタシ方法は、テクニカルガイドをご参考にしてください。

データの保存について

入稿データのバックアップは必ずお持ち下さい。作業上でのトラブルでデータが破損した場合は保証はいたしかねます。
予めご了承下さい。

色について

ディスプレイの色やプリンタ出力の色は実際の色とは異なります。また、機械が異なるためカンプに色をあわせることはできません。
シビアな色あわせが必要な場合は、色校正(有料)をお申し付け下さい。

ご納期について

ご案内しております出荷予定は完全データ入稿が原則となります。
データの不備があった場合は納期の遅延につながりますので、十分ご確認のうえ、ご入稿下さい。

Illustrator

Illustratorデータ制作時にご確認いただきたい内容についてご案内いたします。

対応バージョン

ウインドウズ・マックともにCS5まで対応しております。
CS5.5以上で制作されたデータは、お手数ですが、CS5以下で保存しなおしてください。

トンボ(トリムマーク)

トンボは「トリムマーク」で作成して下さい。
断裁位置を枠で指定し、枠に対して「フィルタ」→「クリエイト」→「トリムマーク」でお願いします。
※オブジェクト>トンボは画像を書き出す際の選択範囲用ですので、出力時に反映されず断裁位置がわかりませんので
お間違いのないようにお願いいたします。

ヌリタシの作成方法と仕上がり罫について

断裁用のヌリタシを作成して下さい。
画像・線・図形など仕上がり線にかかるものは全て延ばす・拡大などしてヌリタシを上下左右3mmずつつけてください。
また仕上り位置を実線にて設定されますと、商品にもその線が印刷されてしまいます。
(断裁時の小さなズレにより線が見える部分と見えない部分がでてきてしまう恐れがあります。)

フォントのアウトライン作成方法

パソコンの文字には様々な書式があります。
ご支給いただいたパソコンと実際に印刷するパソコンの文字情報が100%合致することがまずありません。
そのため、一般的に「文字化け」といわれる症状がおこり、文字が正しく表示・印刷されません。
そこで文字のアウトライン化をすると文字情報がなくなり、図形化されることで、文字化けの発生を防ぎ、
正しい印刷物を制作することが可能となります。

アウトライン化するとフォント情報が失われます。
そのため「上書き保存」をすると後に再度そのデータのフォントの編集はできません。
保存をするときは必ず「別名で保存」を選び、保存してください。
ご入稿時にはアウトライン化されたデータのみをご入稿ください。

スクリーンショットの作成方法

こちらからご確認ください。

画像・写真のリンク

画像・写真は、EPS・PSD形式にしリンク貼りにしていただけると問題なく処理が可能です。
リンクの名前は長い名前や名前の中に黒点やスペースをいれると
リンク読み込みの際にエラーが発生する可能性があります。
半角英数字がどのパソコンでも読み込みが可能で、最も適しています。

画像の解像度と確認方法

オフセット印刷では、実寸で350dpi以上
インクジェット印刷では、実寸で200dpi以上が推奨されています。

小さい画像データを拡大する場合は、印刷・出力時にあらくなる可能性が高くなります。
モニター画面上で、プレビューを拡大し、実寸サイズでご確認いただくと粗さがわかります。
(例)A4データをA1にする場合は、プレビュー200%で確認

極細線(ヘアライン)のご注意事項

「線幅がゼロ(空欄)」のライン(罫線)のことをヘアラインと呼びます。
画面やプリンタでは、ある程度の太さのある線として表現されますが、オフセット印刷やインクジェット出力では、
かすれたり消えてしまったりします。罫線には必ず線幅を設定してください。
ヘアラインが含まれたデータの場合も、データチェックにて確認させていただく内容の対象にならず、
ご入稿データ通りでの進行となりますのでご注意下さい。
また、線幅が「0.3pt」「1o」以下の設定の場合、ヘアラインと同様、かすれなどの原因となりますのでご了承下さい。

リッチブラックについて

写真や文字などのオブジェクトとスミ100%のアミが重なったレイアウトの場合
下層にある写真や文字、イラストなどが透けて見える状態になります。

これを回避する対策するひとつとして、『C60%・M40%・Y40%・K100%』くらいのカラーの設定にすると、
よりムラのない『黒』を表現することができます。このようなCMYの濃度を加えて表現するブラックを
“リッチブラック”と呼びます。

折り目・ミシン目・スジ入れの設定方法(ご指示方法)

加工の指示線は、仕上げの外側(ヌリタシの外)にご入力下さい。
また「折り目」・「ミシン目」・「スジ入れ」などご指示のご記入をお願いします。
仕上げラインのギリギリにつけられますと断裁時のぶれなどによって線や指示内容が残ってしまう恐れがございます。
必ずヌリタシの外側にご記入ください。
仕上げ内にミシン目を示す線などがあると、そのまま印刷されますのでご注意ください。

両面印刷の表裏関係(天地)のご指示について

両面印刷を希望されるとき、作成データからの表裏関係判断が困難な場合がございます。
作成データ(トンボの外など)に天地をご指示ください。

その他

・トンボの外側に不要なオブジェクトは残さないで下さい。 
・出力時にエラーの原因となりますので、孤立点は残さないで下さい。 
・スミ以外に「オーバープリント」を設定しないで下さい。

Photoshop

Photoshopデータ制作時にご確認いただきたい内容についてご案内いたします。

トンボ(トリムマーク)の設定

Photoshopには、トンボを作成する機能がありません。
仕上がりサイズに対して上下左右3oをヌリタシとして作成してください。
ガイドラインを利用して仕上がりサイズをご指示いただけますと助かります。

折り目・ミシン目・スジ入れの設定方法(ご指示方法)

折り目やミシン目の位置の設定は、ガイドを用いてご指示下さい。

Office

Officepデータ制作時にご確認いただきたい内容についてご案内いたします。

データ確認のお願い

オフィス系データは、お客様がご利用されている文字のフォントが弊社にない場合、
フォントが自動的に一定のフォントに書き変わってしまい、
お客様の入稿データと弊社データとでは異なってくる場合があります。
その為、弊社にてデータチェック後、データを画像におとしお客様にご確認をお願いしております。
複雑なデータに関しては納期をプラス1日いただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

トンボ(トリムマーク)の設定

Microsoft Officeアプリケーションには、トンボを作成する機能がありません。
ご希望仕上がりサイズでデータを制作下さい。

色について

ExcelやWordなどMicrosoft Officeは、印刷専用ソフトではないためRGBカラーでデータが作成されています。
オフセット印刷の場合、弊社にてカラーモードをRGBからCMYKに変換する際、色目が大きく変わる場合がございます。
予めご了承ください。

パターンについて

パターンの効果をご使用される場合、実際の印刷物ではパターンが画面上より細かくなる場合がございます。
ご使用の際は予めご了承いただきますようお願いいたします。
透過性をご使用された場合、実際の印刷物では下図のように網目模様になる場合がございますので、予めご了承ください。
透過性はご使用にならないようお願いたします。

ご利用ガイドのTOPへ戻る